「百貨店」は生き残ることができるのか ネット、コンビニも強敵に (1/2ページ)

2016.10.13

連載:経済快説

エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングに譲渡されるそごう神戸店
エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングに譲渡されるそごう神戸店【拡大】

 百貨店の後退が止まらない。先週6日、セブン&アイ・ホールディングスは、関西が地盤のエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングと資本提携し、傘下のそごう神戸店など3店をH2Oに譲渡すると発表した。百貨店事業の縮小だ。

 百貨店業界は「干天の慈雨」のごとき外国人「爆買い」の恩恵を受けたが、爆買いが一段落すると営業利益の減少が急ピッチだ。

 いわゆる「デパート」あるいは「百貨店」という業態は生き残ることができるのだろうか。

 筆者は、いささか悲観的だ。現存する百貨店の店舗がそのまま残るか、あるいは増えるような状況は想像しにくい。現在起こりつつあるように、主に地方の不採算店から閉鎖されて、百貨店という業態が縮小される流れは止めようがなさそうだ。

 百貨店の強みと弱みを考えてみよう。

 主な強みは、複数のブランドを比較でき商品に身近に触れられる買い物体験の提供、買い物にあたっておおむね快適な店舗と店員であろう。

 他方、百貨店の弱みは、店舗費用・人件費などの高い固定費、広い品揃えを維持するコスト、これらを反映して高くならざるを得ない価格にある。

 百貨店には見える限りで3つの強敵がいる。

 まず、ネットを通じた小売りは、百貨店の幅広い品揃えをはるかに凌駕(りょうが)する商品の提供を可能として、しかも、百貨店よりも圧倒的にコストが安いため低い価格設定が可能だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。