親と自分のこれからの暮らし(3) 家族のような「共生」 (1/2ページ)

★親と自分のこれからの暮らし(3)

2016.10.20

広々としたリビングダイニングの大きなテーブルで、家族のように全員が集まって夕食をとる
広々としたリビングダイニングの大きなテーブルで、家族のように全員が集まって夕食をとる【拡大】

 高齢になってもできるだけ自立はしたい。そんな願いを形にした住まいがある。

 賃貸住宅のCOCO湘南台(神奈川県藤沢市)は、「グループリビング」という住み方だ。これは、主に血縁関係のない高齢者が、自立して家族のように暮らすもの。全国でわかっているだけで17カ所ある。認知症を患った人が中心のグループホームとは全く性質が異なる。

 ここには、病院、周辺のボランティアの人、家事サービスなど多くの支援がある。入居者同士、つながりはあるが干渉しない。「自立と共生」がテーマだ。

 建物はバリアフリー住宅。入居金370万円、生活費が月額13万8000円。それには家賃、昼・夕食、共用部の光熱費などを含む。個室内には洗面、トイレ、ミニキッチン、クローゼット。共用のキッチンやリビング、エレベーターなどもある。居住者は69〜89歳の9人。うち男性は1人。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。