個人識別して最適気流 日立エアコン「ステンレスクリーン 白くまくん Xシリーズ」 (1/2ページ)

2016.10.26

日立ジョンソンコントロールズ空調のルームエアコン「ステンレスクリーン 白くまくん Xシリーズ」
日立ジョンソンコントロールズ空調のルームエアコン「ステンレスクリーン 白くまくん Xシリーズ」【拡大】

 日立ジョンソンコントロールズ空調が、10月末に発売するルームエアコン「ステンレスクリーン 白くまくん Xシリーズ」は、業界で初めて、在室者一人一人を識別し、それぞれの在室時間を計測。体感温度の変化を予測することができる「くらしカメラAI」を搭載しているのが特徴だ。市場想定価格は、2・2kW(6畳用)の製品で24万円前後(税別)。

 同社の調べによると、冷房時に寒くなりすぎるとした人は68%、暖房時に暑くなりすぎると感じる人は43%といったように、エアコンを使用している途中に、不快になる人が多いのが実態だ。

 そこで個人差による温度の感じ方だけでなく、エアコンを運転していた部屋での在室時間が、快適性に影響を与えることに着目。在室者を識別する技術を採用したという。

 これまでの技術では、個人を識別するには、事前に顔を登録する必要があるなどの手間があった。そこで、同社では、事前登録が不要な人識別技術を開発。

 「くらしカメラAI」で頭、顔、服を検出し、画像色変換により明るさと色味を分離。2万5600色の色情報に加えて、移動距離や服の柄を検知して、15人までを識別できるという。

 また、最大で3つの異なる気流によって、一人一人に合わせた風を届けることができる「ステンレスフラップ6」を採用。100万通りのなかから適した気流を生み出すほか、新3Dフロントノーズを採用したことで、吹き出し口の左右の端まで、有効に風を送り出すことができるという。「くらしカメラAIとの連携により、不快に感じる前に、気流をコントロールし、暖房時には、長時間いる人には優しい温風、帰ってきたばかりの人にはしっかりと暖める温風を送ることができる」という。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。