リフォーム最新事情(1) 設備取り換えで快適生活 わずか10年で時代遅れに (1/2ページ)

★リフォーム最新事情(1)

2016.11.04

お湯に泡を含ませる「美泡湯」
お湯に泡を含ませる「美泡湯」【拡大】

 トイレに段差がある。収納が少なくて散らかる。フローリングが滑りやすい。こうした住まいは不便なだけでなくケガをする確率も高い。シニアになっても住み続けるなら、リフォームは必要だ。各企業も社会変化をとらえ、需要に適したリフォームを提案する。

 なかでも、パナソニックは、住宅設備や家電製品、新築住宅で培ったノウハウを統合させ、今年4月、パナソニックリフォーム(株)を立ち上げた。須浪恵寛常務取締役は「古民家から小規模リフォームまで対応し、耐震補強も力を入れる」と話す。

 リフォームのなかでも、費用対効果が最も高いのは設備の更新だ。設備はわずか10年で時代遅れになる。最新設備に変更すれば、掃除の手間が減る。掃除で、無理な姿勢をとることも減り、身体も楽になる。例えば、キッチンの収納不足には、スペースの多いシステムキッチンで解決。食器棚が不要で、片付けが楽。地震対策にもなる。食器洗浄機や汚れがつきにくい素材を選べば、家事の時間を短縮できる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。