「築地よりみち館」 築地の歴史と由来を錦絵で紹介

2016.11.08

「築地よりみち館」
「築地よりみち館」【拡大】

 昭和の日々、東京・東銀座にある会社に通っていた。昼時には早めにオフィスを抜け出し、食通の先輩に連れられ築地周辺のうまい定食屋に出かけたものだ。当時は近辺を紹介する情報もなく、インバウンド観光客も存在しなかった。

 「築地よりみち館」は、先月に改装が整った築地KYビル2階にあり、同地の歴史と由来を錦絵などで紹介するスペース。幕末に日本初の本格的西洋風ホテルとして建てられた「築地ホテル館」を描く歌川広重らの錦絵は興味深い。同ホテルは建設後わずか4年で火災で焼失してしまったが、いわば新時代の都市開発の象徴。今でいえば銀座・虎ノ門などの再開発モニュメントのようなものだったろう。

 馬車をひく御者は洋装、山高帽の客を乗せて走るが、周囲を歩く番頭風の男はちょんまげ姿で風呂敷を背負う。ホテル前を走る蒸気船には「CITY OF YEDO」と英語で表示されるも、中に乗る客たちは和装で扇子を使っていたりする。和洋混然とする新開地の雰囲気を伝える。

 ほかに外国人居留地でもあった同地のにぎわいを伝える錦絵などもある。展示を見終えたら、隣の握りずしを体験するスペースから、外国人観光客たちが満足そうな顔をしてぞろぞろと出てくるところに行き合わせた。 (矢吹博志)

 ■「築地よりみち館」(東京都中央区築地4の7の5築地KYビル2階)8〜23時 年中無休(不定期閉館日を除く)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。