参考になる「CtoC」ビジネス 副業解禁も“やりづらい”を解消

2016.12.20

 企業の副業解禁が話題になっていますが、まだ多くの会社では副業を許可していない、あるいは就業規則上許可されていても実際にはやりづらいという状況でしょう。定年起業を考える人にとって、副業は自力でお金を稼ぐいいトレーニングだと思うのですが、現在の仕事に差し障りがあってはよくないですよね。

 比較的差し障りがないと思われる副業スタイルは、以前ご紹介した「シェアリング」。あまり使っていないモノを誰かに貸し出して現金を得ることです。使わない駐車場、空き部屋などを仲立ちしてくれるサービスプラットホームに登録し、集金なども代行してもらうシステムです。

 たとえば、自家用車にあまり乗る機会がない人は、維持費がもったいないですよね。今、カーシェアリングが脚光を浴びていますが、さらに新しいサービスとして「個人間カーシェアリング」がスタートしています。

 これは自分の車を貸してもいい人が、レンタル料や時間帯の条件をサービスプラットホームに登録し、借りたい人とのマッチングを行うサービスです。マッチングしたら対面で貸し出し、利用後にサービスプラットホーム側が手数料を差し引いて振り込んでくれます。

 「自家用車レンタル」でネット検索すると「Anyca(エニカ)」「カフォレ」などのサービスが出てきます。こうした個人間の取引はCtoCと呼ばれ、インターネットやスマートフォンの登場で注目されているビジネスです。定年起業のビジネスモデルの参考にもしたいですね。 (取材・構成 藤木俊明)

 ■片桐実央 起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人〜定年後は、社会と繋がり、経験を活かす〜』(講談社)。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。