Webで信用を失わないための著作物の扱い方 “元記事”を探すことができるサイトも (2/2ページ)

2016.12.27

(1)「こぴらん」(http://copyrun.net/)
(1)「こぴらん」(http://copyrun.net/)【拡大】

  • <p>(2)類似した文章があるWebページを類似数として表示</p>
  • <p>(3)類似の検索結果が表示</p>

 少なくともこの2点を守っていれば、著作権侵害の可能性は低くなる。ただ、気をつけなければならないのは、前述のコピペだ。文章が苦手な人はコピペで記事を作ることが多いが、悪気はなくても著作権に抵触することがある。情報を発信したいなら、自分で書く力をつけるしかない。あるいは、外部に委託することだ。

 ただ、委託した相手が著作権を侵害している可能性もある。それをチェックするには、文章の一部をコピーしてネット検索してみることだ。まったく同じ文章が出てきたらコピペの疑いが強い。

 若干書き換えている文章も、ネット上のサービスを使って“元記事”を探すことができる。いくつかサービスがあるが、ここで紹介したいのは「こぴらん」(http://copyrun.net/)というサイトだ。判定したい文章を同サイトの空欄に貼り付けると=画面写真(1)、その文章を分解して検索を行い、類似した文章があるWebページを類似数として表示してくれる=同(2)。表示されたリンクをクリックすると、類似の検索結果が表示される=同(3)。

 著作権は法的な要素が絡む問題だけに、慎重を期したい。時間があれば、文化庁のホームページ(http://www.bunka.go.jp/)で確認しておこう。 (テクニカルライター・傍嶋恵子)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。