富士山も見えて、入室無料で23時までオープン 「東京都庁展望室」

2017.01.17

「東京都庁展望室」
「東京都庁展望室」【拡大】

 地上202メートルの絶景ショールームといえるのが東京都庁展望室。多くは「知っていても行ったことのない場所」であろう。入室無料で夜は23時まで開き、夜景も存分に楽しめる。

 年を重ねると眺める風景に「時間の経過」がプラスされるもの。南東方面には東京タワーが見えるが、幼少時、建って間もない頃、父に連れられて訪ねた記憶が蘇る。外階段の塀に乗せられ怖くて泣きそうになった。

 真下は新宿西口、1970年代に高層ビルが次々と建ち経済発展の象徴だったのを思い出す。西には晴れた日は富士山も見えるが、直近では中野サンプラザの台形の建物が目立つ。80年代、山下達郎のコンサートなどで通ったなあ。

 その横に隠れるのが中野ブロードウェイ。新宿の街育ちだった筆者は、60年代後半マルチタレントの元祖、青島幸男一家が住むと聞き、一目見ようと自転車で目指した。

 展望室からの帰りはウイークデー昼食時なら32階の都庁職員食堂がおすすめ。職員でなくとも利用でき、都庁弁当600円はリーズナブル。 (矢吹博志)

 ■「東京都庁展望室」(東京都新宿区西新宿2の8の1)入室無料 9時30分〜23時※南展望室は17時30分まで、北展望室が休室の場合は23時まで(入室は閉室時間30分前まで) 南展望室は第1&第3火曜、北展望室は第2&第4月曜定休(祝日の場合は開室し翌日休室。都庁舎点検日は両展望室休室)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。