賢く選びたい「格安キャリア」MVNO 家族全員の携帯電話料金を考えればずっと安上がり (1/2ページ)

2017.01.31

UQ mobile
UQ mobile【拡大】

 MVNOは仮想移動体通信事業者といわれるが、いわゆる「格安キャリア」のことだ。その多くはドコモのネットワーク設備を借り受けてサービスを提供している。

 これまでドコモと契約していたのであれば、新たにMVNOに乗り換えても、手持ちのスマートフォンをそのまま使い続けることができる。電話番号も番号ポータビリティ(MNP)の仕組みを使えばそのままだ。

 失うものはケータイメールアドレスだけだが、LINEなどでのコミュニケーションが増えてきている今、何よりも価格が優先で、もうケータイメールアドレスなんてどうでもいいと考えるユーザーも少なくないようだ。

 そういう状況をうらやましく見ているのがauのユーザーかもしれない。だが、auのネットワークを借り受けてサービスを提供している事業者もある。UQ mobileとmineo(マイネオ)がそうだ。両社ともにテレビCMにも熱心なので認知度もどんどん上がっている。

 両社のサービスならauの端末を使うことができる。ただし、ドコモ端末のようにSIMカードを差し替えればOKというわけではなく、端末のSIMロック解除が必要だ。auでは購入後6カ月以上経過した端末であればSIMロックの解除はウェブで簡単にできる。しかも無料だ。また、総務省の意向により、これらの制限も近く撤廃される予定になっている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。