照明器具で火災 ダウンライト起因は5年平均比で3件増、消防庁も注意促す (1/2ページ)

★意外な所に潜むリスク(1)

2017.02.02

洗濯機置き場の上の棚においた布団に着火した
洗濯機置き場の上の棚においた布団に着火した【拡大】

  • <p>収納棚に荷物を置いたものの、ダウンライト(真ん中の赤い箱の上部)に接触した状態で積み重ねたため、出火した(提供:東京消防庁)</p>

 もうすぐ春。冬物を片付けて春物を取り出すときには、気を配りたい。周辺の照明器具を意識しよう。照明が原因で、火事が起きているのだ。

 特に、「ダウンライト」と呼ばれる天井にはめ込むタイプや、つり下げるタイプには要注意。東京消防庁の調査では、2012〜16年で、ダウンライトを起因とした火災は計50件(配線不良なども含む)で、5年平均比でみると3件増と被害がじわじわ広がっている。

 「ダウンライト」は、押入れやクローゼット、洗濯機置き場、洗面所、脱衣所、玄関収納などに設置される。火災の原因の多くは、ライトに接触する高い位置まで、布団や衣類、タオルなどを積み上げていたこと。スイッチを消し忘れるなどして、発熱。燃えやすい物に着火してしまう。

 東京都内の共同住宅では、洗濯機置き場の上部のパイプ棚に布団を収納していた。真上のダウンライトを消し忘れ、布団に着火してしまった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。