ロボット活用した最新鋭の物流拠点が稼働「MonotaRO」

2017.02.21

MonotaROの鈴木雅哉社長
MonotaROの鈴木雅哉社長【拡大】

 「人件費など物流関連コストを4割減らせる」と語るのは、工具の通信販売を手掛けるMonotaROの鈴木雅哉社長(41)。3月末に茨城県笠間市でロボット160台を活用した最新鋭の物流拠点が稼働する。

 注文を受けると、商品が棚ごと移動して出荷担当者のもとに自動で届き、探す時間を短縮できる。「幅広い商材を扱い、インターネットによる高い検索性を生かしている。(工具の)オンライン取引のシェアを拡大したい」と力を込めた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。