変なホテルも進出 TDRと周辺ホテルのカテゴリー合戦が激化 (3/4ページ)

2017.03.27

 例えば、一般的なホテルでは3日前からキャンセル料が発生すると規定されていても、3日前どころか当日キャンセルでも請求しないケースは多い。予約時のクレジットカードで決済処理か、予約申込金を受領できればよいが、それには至っていないといわれる。

 一方、ディズニーホテルの強さを表しているのが、2016年4月からスタートした申込金制度。直営のディズニーホテル予約時に宿泊代金の一部を支払うというもの。申込金は宿泊料金の一部として取り扱われるが、規定日以降のキャンセルは否応なく“没収”だ。

 申込金の設定は、1室1滞在につきデラックスタイプで3万円、バリュータイプで1万5000円という設定。キャンセル料も一般のホテルで3日前からというケースが多い中で、ディズニーホテルは14日前からと、ある意味でホテル業界の理想。強気のホテル運営といえよう。

 そんな絶対的な人気を誇る直営ホテルに、オフィシャルホテルやパートナーホテルはどう挑んでいるのか。

 前述のオフィシャルホテル、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルでは、PARK WING棟に「ドッグ・ラバーズ・スイート」を新設。愛犬と一緒に宿泊したいというゲストのニーズに応える。愛犬連れのファミリーには嬉しいサービスであるが、TDRのゲストをターゲットにするホテルでは“子ども目線”が殊に重要だ。

 パートナーホテルである「オリエンタルホテル 東京ベイ」は、ベビー・キッズ連れファミリーにコアなリピーターの多いデラックスホテル。中でもママの声から生まれたという11階、12階に注目したい。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。