高齢者施設のトラブル 大手でも安心できない「倒産リスク」確認を (1/2ページ)

2017.03.30

夫婦で入居できるかどうかも確かめたい(本文と写真は関係ありません)
夫婦で入居できるかどうかも確かめたい(本文と写真は関係ありません)【拡大】

 親を入居させた高齢者施設でトラブルが起きたら…。

 少なくないのは、経営する法人が倒産することだ。2015年、飲食業のワタミが介護事業から撤退したのは記憶に新しく、大手でも安心できない。この時、どうなるか。

 介護や福祉系の問題を数多く扱う法律事務所の「おかげさま」(東京都新宿区)の外岡潤弁護士が実情を語る。

 「賃貸借契約型のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)でも、利用権型の有料老人ホームでも、経営権を買い取る人がいれば、入居を続けられる。だが、経営を立て直すために、コストカットする例がある」

 例えば、食事の質が落ちる、人手不足で外出機会が減る…などが考えられる。賃貸のサ高住より居住の権利が弱い有料老人ホームでは最悪、退去を通知される可能性も。

 外岡弁護士は「利用者本位の施設であれば、広告せずとも口コミで入居者が集まる。無料で施設を紹介する業者もいるが、資格は不要で施設から謝礼金が出るところも少なくない」と話す。

 施設の質を見極めるポイントとして、次のような点を挙げる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。