東芝、決算発表強行へ 監査意見なしで開示

2017.04.11

 東芝は11日、2度延期した2016年4〜12月期決算について、監査法人の適正意見を付けずに発表することを決めた。系列の米原発大手の会計処理を巡り米監査法人との協議が難航した。東証は東芝株を上場廃止の恐れがある「特設注意市場銘柄」に指定しており、上場審査への悪影響は避けられない。

 監査法人はWHが計上する多額の損失を過去の決算でも認識していた可能性を指摘し、調査のやり直しを主張した。これに対し、東芝は過去も適切に決算をしてきたと反発、見解の相違は埋まらなかった。11日は関東財務局に16年4〜12月期決算を含む「四半期報告書」を提出する期限。

 WHを巡っては、経営幹部が損失を少なく見せようと部下にプレッシャーをかけたことが判明。2月14日に発表する予定だった決算を2度、延期する事態となった。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。