“誰もがおいしい”目指した「IHジャー炊飯器」 かまど炊きの「ひと握りのわら燃やし」再現 (1/2ページ)

2017.05.31

パナソニックのIHジャー炊飯器「Wおどり炊き SR−SPX7シリーズ」
パナソニックのIHジャー炊飯器「Wおどり炊き SR−SPX7シリーズ」【拡大】

 パナソニックが6月1日から発売するスチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「Wおどり炊き SR−SPX7シリーズ」は、「加圧追い炊き」機能を新たに搭載。これにより、甘みともちもち感が増した銀シャリを実現したのが特徴だ。

 同社では「日本人の誰もがおいしいと感じるごはんを目指した炊飯器」と位置づけている。7万円以上の高級炊飯器で40%以上のシェアを持つ同社の自信作だ。

 一升炊きが可能なSR−SPX187の市場想定価格は11万5000円前後(税別)。

 2つのIHコイルを高速で切り替えて、内対流と外対流を生み出すとともに、加圧減圧を繰り返すことで米をおどらせる「Wおどり炊き」、蒸らし工程で220℃の高温スチームで糊化(こか)を促進する「高温スチーム」といった同社の炊飯器ならではの機能を盛り込んだ。

 加えて、新たな「加圧追い炊き」でお米の芯まで熱を加え、より甘みともちもち感を引き出す。従来製品に比べて、甘みが約10%向上し、もちもち感(ねばり)が約9%向上したごはんを炊き上げることができるという。

 釜内の気圧を1・15まで高め、沸点を103℃まで上昇。かまど炊きの「ひと握りのわら燃やし」にあたる工程を再現しており、追い炊き時にも高温状態を維持して、お米の芯まで熱を伝えることができるのが特徴だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。