群馬県前橋市(1) 医療施設充実で生涯活躍できる街作り 『東京建物』魅力

2016.07.15

前橋赤十字病院
前橋赤十字病院【拡大】

 群馬県前橋市は「県都まえばし創生プラン」の中で、「医療施設の充実」を強みの一つに挙げている。

 例えば医師の数を中核都市(45都市、2012年時点)で比較すると、15歳未満人口1000人あたりの小児科医師数で前橋市は第2位、女性人口1000人あたりの産科・産婦人科医師数は第3位、人口10万人あたりの医師数第3位で、たしかに多い。

 また、県内に3カ所ある高度救命医療センターのうち、ひとつが前橋赤十字病院=写真=に設置されている。高度救命救急センターとは重症外傷、急性心筋梗塞、脳卒中などの重症な患者を受け入れる3次救急医療機関のことだ。

 こうした強みを生かして、市は前橋版CCRC構想を打ち出した。CCRCは政府が地方創生の柱と位置づけている政策で、首都圏のアクティブシニアと呼ばれる活動的な高齢者を地方に移住させ、東京一極集中の是正や地方の雇用創出を図る。前橋版では市民の利用も想定しており、「市民誰もが、住み慣れた場所で、生きがいを持って、生涯活躍できるまち」を目指すのだという。

 CCRCの拠点となるのが、2018年に新築移転が決まっている前橋赤十字病院の跡地(約3万平方メートル)だ。工程表では今年度中に基本計画を策定し、19年度に事業を開始する予定。跡地にはサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)や特別養護老人ホームなども建設される。

 そこで早摘み銘柄には、高齢者向け住宅事業を重点分野と位置付けている東京建物(8804)を推す。サ高住には老人ホームにみられる“総量規制”がないため、東京建物グループは20年頃までに50棟を目指す計画だ。 (山本信幸)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。