市場がパワー不足の時は堅実に高値キープ銘柄狙いこそ安全策 神戸物産ゲンキー夏の急伸維持 (1/2ページ)

2016.10.14

連載:株式フジ

 日経平均はおおむね高値もみ合いを続けています(高値といっても限られたものではあります)。そして、ここにきて元気が無くなってきたように感じます。急に売り込む動きは見られないものの、さらに買い上がる意欲がないのです。11日に約1カ月ぶりに1万7000円台を回復したものの、その水準が何度も限界値になっていることから「ここからは下げるかも」と警戒する投資家が増え、様子見になっているのです。経済的な側面というよりも「経験則」によって形成されている動きと見ています。このような中では個人投資家も「少しもうかれば御の字」という意識を持つのが賢明でしょう。

 先週の当欄で取り上げた「ハイデイ日高(7611)」は6日終値2499円→11日高値2530円としっかり、「鳥貴族(3193)」は同2573円→同2714円と買われました。どちらもほぼ危なげない動きでしたので、まさに「御の字」ではないかと考えています。日々、少数の急伸する銘柄があります。しかし、それらは急落と背中合わせ、「当てもの」です。割り切った意識が必要になりますが、「果たしてそれは投資と言えるのか?」という疑問があるのも本当のところです。市場にパワーがない中では、できるだけ堅実にいきたいと考えています。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。