「CAC HOLDINGS」IT運用自動化サービスを開始 需要拡大見込む (1/2ページ)

2016.10.15

 12日の日経平均終値は前日比184・76円安と反落したものの、11日の日経平均は前週末比164・67円高の1万7024円76銭と、9月7日以来1カ月ぶりに終値で1万7000円台を回復した。11日の上昇の背景は、原油先物相場の一段高や、米大統領選挙でトランプ氏劣勢が伝わったことが好感されたことだ。

 また、9月の米雇用統計発表後も、12月の米利上げ観測が根強く残ったため、外国為替市場でドルが買われ円が下落したことも追い風になった。このように外部環境が改善傾向を示しているため、多くの個人投資家にとって、もうかりやすい投資環境になりつつある。

 まず、CAC HOLDINGS(4725)は、人工知能(AI)および統合IT運用管理分野におけるリーディングカンパニーIPsoft Inc.と提携し、統合IT運用管理基盤「IPcenter」を活用したIT運用自動化サービス「AZAREA−AUTONOMICS」の提供を10月3日から開始した。これが注目ポイント。統合IT運用管理基盤IPcenterの実行環境をSaaS型で提供するとともに、自動音声通知・応答システムの利用環境を提供し、顧客企業の要件に沿ってIPcenter上で稼働する自動運用処理の設計・構築、変更設計・変更を行うという。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。