RIZAPと提携の「マルコ」に注目 「アスコット」は中国平安グループと戦略的関係構築 (1/2ページ)

2016.10.22

 日経平均が1万7000円の大台を回復するなど、投資環境は改善傾向を強めている。この背景は、米国株高、原油先物高、ドル高の「トリプル・メリット」だ。米主要企業の7〜9月期決算で市場予想を上回る結果が続き、米国株式市場が堅調に推移している。また、OPEC加盟国やロシアなどが11月のOPEC総会で減産で正式合意するとの思惑から、原油先物価格も強い動きを続けている。そして、米利上げ観測が根強いため、ドルが対円で強い動きを継続している。この「トリプル・メリット」が維持される限り、株式投資でもうけやすい状況が続くだろう。

 まず、マルコ(9980)は、伊藤忠、RIZAPグループおよびファミリーマートが、ヘルスケアおよびライフスタイル領域全般において協業する旨を定めたアライアンスに関する業務提携を締結したことが注目ポイント。3社は、食品分野にとどまらず、アパレル関連商材や雑貨、出版領域など、ヘルスケアおよびライフスタイル領域全般における新商品・サービスの開発を推進していく。

 ちなみに、今年4月28日付で、マルコはRIZAPグループとの間で資本業務提携を行い、RIZAPが63・18%の筆頭株主になった。その結果、それまでの筆頭株主の伊藤忠の持ち株比率は9・25%に低下したが、依然第2位株主だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。