株価急落も ここは押し目買いの好機 フリークアウト成長加速 (1/2ページ)

2016.11.12

 米国大統領選挙動向を受け、9日、10日の日経平均は乱高下した。

 9日の日経平均は「トランプショック」で、前日比919円84銭安の1万6251円54銭だった。日経平均の下落幅はブレグジットが決まった6月24日以来4カ月半ぶりの大きさとなった。しかし、10日は景色が一変した。9日のNYダウが大幅に3日続伸、前日比256・95ドル高の1万8589・69ドルとなったことで、買いが先行、前引けの日経平均は同927円33銭高の1万7178円87銭と、あっさりと全値戻しを達成した。9日の米国株式市場では、大統領選を勝ったトランプ氏の掲げる政策で恩恵を受けるとみられる、キャタピラーなどインフラ関連銘柄が買われ、ダウを押し上げた。日米株式市場は「トランプ大統領誕生」を織り込み、投資家心理も落ち着いている。クリスマス&年末ラリー発生が期待できそうだ。

 まず、フリークアウト(6094)は、4日発表の2016年9月期通期連結業績および17年9月期の予想が嫌気される格好で、株価は急落したが、ここは押し目買い好機とみて注目する。17年9月期の業績については、売上高(前期比55・4%増)の90億円だけ会社側は公表した。直近において同社グループの事業を取り巻く環境が同社グループの想定を超えるスピードで変化しており、また、同社の成長も加速しているため、現時点において17年3月期の合理的な業績予想を行うことが困難となっているという。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。