VR関連事業を積極展開、クリーク・アンド・リバー社 (1/2ページ)

2016.11.19

 「トランプノミクス」への期待の高まりを背景に、日米株式市場は上昇し、外国為替市場では急ピッチなドル高・円安が進んだ。16日のNYダウは前日まで4日続けて過去最高値を更新したこともあり、8営業日ぶりに反落したが、非常に強い動きを続けている。

 また、16日の日経平均の終値は1万7862円21銭と、2月1日以来およそ9カ月半ぶりの高値を付けた。そして、16日の欧州時間で円は一時109円76銭に下落し、6月1日以来ほぼ5カ月半ぶりの円安・ドル高水準を付けた。

 このように、「トランプショック」に見舞われて、日経平均が前日比919円84銭安を記録した9日以降の投資環境は劇的に改善した。当面は、多くの個人投資家にとって、「もうかりやすい環境」が継続する見通しだ。

 まず、クリーク・アンド・リバー社(4763)は、VR関連として注目する。今年8月に、一体型VRHMD「IDEALENS K2」を製造・販売する中国のアイデアレンズ社と共同で株式会社VR Japanを設立。ゲームパブリッシング事業を手掛けるC&R社デジタル・コンテンツ・グループ内にもVR事業部を発足させるなど、積極的にVR関連事業を展開している。そして、11月16日、VRは今後、ゲーム分野のみならず、医療や建築など、さまざまな分野に応用されると予想されることから、同社は、VR関連職の求人に特化した転職スカウトサービスをスタートした。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。