マザーズ市場上向き傾向で「新興市場株」「材料株」注目 個人投資家が動き出せば一発高も (1/2ページ)

2016.12.16

 日経平均株価は引き続き1万9000円を超えて推移しています。11月9日に「トランプ候補勝利見通し」で大波乱となった11月9日終値は1万6251円(919円安)、翌11月10日の急反発終値は1万7344円(1092円高)です。安値から約3000円、一転高からも約2000円値上がりしています。ドル円相場も驚くほどのスピードでドル高円安が進行しました。多くの個人投資家がかなりのもうけを手にしたと言いたいところですが、現実はそれほど甘くないようです。アクティブな個人投資家は高値を売り、スローな個人投資家は新たに買いを入れるタイミングを逸し、新たに株式投資を始める個人投資家も思いのほか増えていないとの声が市場筋では聞かれています。「外国人投資家に持っていかれた」というのが本当のところです。

 ただ、これはいつものことでもあります。上がるときも下がるときも先鞭(せんべん)をつけるのは外国人投資家です。個人投資家が先頭を走ったなどという話はトンと聞いたことがありません。そして、個人投資家が本格的に強気に転じてくるのは「上昇の数カ月後」というのが定石です。何月何日から強気に転じると言い切れる性質のものではありませんが、過去の経験則からは「もうすぐ重い腰を上げる時期」となります。その見方に歩調を併せるかのように個人投資家が売買の中心となっているマザーズ市場が上向きに転じています。日経平均が急上昇する中でも底ばいを続けてきた「マザーズ指数」は12月8日の終値888・55ポイントから上昇しているのです。個人投資家が好む「新興市場株」や「材料株」にも目を向けていくことができそうです。ここまでいいところなしだった銘柄が見直されていくかもしれません。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。