データ解析ツール提供で業務提携、「エルテス」に注目 トランプ大統領への期待で米国株、日本株に追い風 (1/2ページ)

2017.01.28

 25日のNYダウは2万0068・51ドルと、1896年の算出開始から初めて2万ドルの大台に乗せた。20日に就任したトランプ大統領が、23日に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)から「永久に離脱する」とした大統領令、24日に環境規制の影響で滞っていた石油パイプラインの建設を推進する大統領令、そして、25日にメキシコとの国境沿いに壁を建設する大統領令などに矢継ぎ早に署名している。このため、トランプ大統領の選挙公約や就任演説実現への本気度が市場に伝わった。この結果、大規模なインフラ投資や規制緩和などの経済政策が企業業績を一段と押し上げるとの期待が盛り上がっている。これは米国株のみならず日本株にも追い風だ。

 まず、エルテス(3967)は、エストニアのリアルシステムズ社と業務提携し、ビッグデータ解析ツールVizKeyの提供をはじめとしてリスク解析において協業していく。これが注目ポイント。

 また、1月より、AI Analyticsシリーズの第1弾として、プロジェクト稼働状況や実態の分析、可視化を目的とした、「AI Operation Analytics」の提供を開始する。また、Webモニタリングをコアテクノロジーとして活用することで、SNS上のユーザーに対して迅速に正しい情報を発信することを目的とした、「eltes FIND」の提供を開始する。これらも注目材料だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。