ハンディキャップある海外市場への投資「損をしないうちに撤退を」 (2/2ページ)

2017.06.01

 また、率直な話「トルコ」と言われても「私の範囲」ではない。もちろん、毎日複数の日刊紙の海外(ビジネス)覧を読む上に、経済誌やネットの海外ニュースを常に注視しているが、それでもトルコ関係で何か投資判断をするような能力が私にあるとは思えない。

 しかし、東京市場なら、相談に来た投資家も私もある程度の知識はあるはずである。もし、東京市場で稼げないと思うなら、トルコ市場ではもっと稼げないのだ。

 われわれが米国市場に投資するときも一緒である。米国人ならだれでも知っているようなマーケットや個別企業に関する基本知識をわれわれは持っていないのだから、それだけでも大きなハンディキャップである。 (国際投資アナリスト・大原浩) =敬称略

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。