【アイドルSEXY列伝】石田ゆり子、キュートすぎる47歳 なぜ結婚しないの?

石田ゆり子

 堀北真希様が突然の引退表明。演技力にも定評があり、女性ファンも多く、結婚後も女優を続けられるタイプだったゆえに残念な感じがいたします。

 男女を問わずタレントにとって結婚というのは、大きなターニングポイント。

 とくに異性のファンが多いアイドル、グラドル、女優は、結婚どころか、恋愛発覚レベルでも人気の低迷は避けられません。

 実際に引退宣言しなくとも、引退状態になってしまう方も多い。

 応援するタレントが特定の人のものになったら、冷めてしまうのがファンの心理です。写真集などのタレントお宝グッズの価格も下落します。

 結婚しても人気が落ちないのは、タレント、俳優としての実力があり、同性のファンが多いタイプ。

 米倉涼子様(昨年末離婚されましたが)、杏様、菅野美穂様、篠原涼子様、上戸彩様、山口智子様、安室奈美恵様、北川景子様などは結婚がマイナスにならなかった。皆さん、女性からの支持が多い女優、歌手です。

 反対に、なぜこの方は結婚しないのだろう? という筆頭が石田ゆり子様でしょうか。

 先日は「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)での「助演女優賞」を受賞。女優としてノリに乗っている状態。あれだけの美女ながら47歳で独身。

 不思議です。

 個人的な話ですが、自宅の引っ越しの整理中、1990年ごろのゆり子様の宣材写真を発見。記載の電話番号が9桁でボックスコーポレーション所属時代のもの。この当時から素材が抜群だったことがわかります。

 現在は肌を露出するような仕事はありませんが、87年、全日空の沖縄キャンペーンガールの出身。ごくごく短期間ですが、今は無き英知出版(2007年に自己破産申し立て)系の媒体で妹の石田ひかり様とグラビア系の展開もあり。

 5冊の写真集がリリースされていますが、デビュー直後の英知出版から発売された『踊ろよ、フィッシュ。』はお宝マニア垂涎の1冊になっています。当コラムでテーマタレントにした後、突然、結婚されることが多いのですが…、ゆり子様はどうでしょう。 (永瀬白虎)