【アイドルSEXY列伝】大塚寧々、今も“落ちない”女優オーラ 男子受験生に衝撃与えたわずか数分の撮影

大塚寧々

 先日、『ももいろクローバーZ』の有安杏果様(緑色)が日本大学藝術学部写真学科を卒業のニュースが。

 ファンの間ではすでに知られており、ネット上ではキャンパスでの目撃情報も多数出ていたようです。が、これまで公式発表はなく「へぇ~ニチゲイだったのか」と感じた諸兄も多いでしょう

 あれだけの超人気タレントが、学業と仕事を両立させたことに感服いたします。

 ライター仕事だけでなく、スチール撮影もさせていただくことが多いのですが『趣味=カメラ』というタレントを撮影するときは緊張します。

 相手は、一眼レフならどれも同じというレベルではなく、「安い機材使ってんなぁ」「こんなライティングじゃあかんやろ」と思われているのではないか、と…。

 先日、夕刊フジ『ぴいぷる』で取材させていただいた柳ゆり菜様も『趣味=カメラ』。そのかわいさにプラスして緊張いたしました。

 ただ、趣味の話題でインタビューが展開できるという点では、ありがたい趣味とも言えます。

 過去に取材した中で、同学部同学科卒業生として印象深いのは大塚寧々様でしょうか。

 あれは1991年。寧々様がカネボウ『テスティモ』のCMに出演されているころです。

 男性週刊誌の企画グラビアで受験前の追い込み時期の大手予備校にお連れし、大教室で授業を受ける受験生(講師の先生も)たちと一緒に集合写真を撮影いたしました。

 『テスティモ』が、当時は斬新だった『“落ちない”口紅』というコンセプトにひっかけた企画ページでした。

 ドッキリではないのですが、前触れなく寧々様が教室に登場。初めて生で見る美人女優のオーラに呆然とする受験生たち。

 「というわけで“落ちない”願掛けです!」とワタクシが説明すると、異様な盛り上がりに。

 わずか数分の撮影でしたが、あの場にいた男子受験生には、大いなる衝撃を与えたはずです。

 現在も女優として活躍する寧々様。

 まだ新人のころとはいえ、妙な仕事をしていただいたなぁ、と思う次第です。 (永瀬白虎)