【人たらしの極意】票が伸び悩んだ蓮舫氏に笑みナシ…19歳のミス・パラオも政治家も笑顔が一番

ミスパラオグランプリの家田恵理佳さん

 1日に開かれた「第20回 日本・パラオ国際親善大使プリンセス選考会」で、今年も審査委員長を務めた。

 17歳から25歳まで419人の中からグランプリに選ばれたのは、東京外国語大学1年生の家田恵理佳さん(19)。160センチ、B81・W60・H84のスラリとした「才色兼備」だ。私の審査の決め手は、ズバリ「満面の笑み」。流ちょうな英語で「パラオと日本の架け橋になりたい」と語る明朗快活な姿に“花マル”をつけた。

 私は常々、「熟女」を年齢ではなく、「未熟と闘うオンナ」の勲章的なコトバと定義づけて、「熟女クイーンコンテスト」などを主催してきた。そういう意味で、まだ19歳の家田さんも立派な“熟女”である。

 そして、コンテストの翌2日から3日未明にかけて、私は東京都議選の行方をジッと見届けた。

 新党「都民ファースト」を率いて選挙に大勝した小池百合子都知事は、艶然とした笑みを浮かべ、テレビ東京の池上彰キャスターによる鋭い質問にも“柳に風”。まさに六十路オンナの達観した成熟ぶりを見た。

 一方、「安倍批判」の急先鋒でありながら票が伸び悩んだ民進党の蓮舫代表は、選挙特番のコメントでも笑顔がほとんどないのである。まだ50歳前と若い。タレント出身でありながら、いやだからこそ“タレント臭”を消したいのか、笑みがないのがもったいない。

 『人を動かす』が世界的なベストセラーとなった米実業家、カーネギーは、「笑顔は1ドルの元手もいらないが、100万ドルの価値を生み出す」という名言を生んだ。

 笑顔こそが、熟女力による“人たらしの極意”だ。コンテストでも、選挙でも笑顔なしでは人は心を開かない! (出版プロデューサー)

 ■高須基仁の“百花繚乱”独り言HP=「高須基仁」で検索