【アイドルSEXY列伝】真木よう子、ツイッターでの神対応が話題 「見てください!」と土下座動画までUP

真木よう子

 動画共有サイト、ブログ、ツイッターなどを利用して個人の意志を自由に発信できる時代。自由ゆえに歯止めなく暴走してしまう人もいるのだ、と最近の芸能ニュースを見ていて感じます。

 ツイッターの日本語版サービスが始まったのが2008年4月。現在の国内ユーザー数は4000万人(全世界のユーザー数は約3億3000万人)。

 スポーツ選手、著名人、芸能人の利用者も多く、タレント、グラドル、AV女優らはフォロワー数が人気のバロメーターとなっています。

 実際に制作側の出演オファー基準も、フォロワー数=宣伝力と考えることが増えています。

 実は筆者も細々とツイッターをやっており、取材した、主にAV女優たちと相互フォローしているのですが、彼女たちの出演作発売、イベント出演時ツイートを見ると必死さすら感じます。

 先日、ツイッターでのファンへの神対応が話題となったのが女優、真木よう子様(@makiyokohonnin)。

 登録が6月末ですので、フジテレビの主演ドラマ『セシルのもくろみ』(木曜午後10時)の宣伝が目的だと思われます。

 しかし、そのツイートにかける気合は前代未聞のレベル。

 あれだけの人気女優であれば書き込みに対する返信(リプライ)など、本来はありえないこと。

 さらに「見てください!」と土下座動画までUP。同じ女の鬼気迫る動画でも「よし、応援しよう!」という気持ちが芽生えるものでした。

 ドラマではさえない主婦役のよう子様。現在はあえて美貌をダウンさせる演技中。

 衣装スタッフの手腕を感じるダサセンスの伸び伸びTシャツ姿も実にナイスなのです。

 よう子様といえば07、08年に『月刊真木よう子』(新潮社)をリリース。スリムなのに豊か過ぎるバストにグラビアファンの注目が集まったことがございました。バストサイズは公表されていませんが、“隠れ”ではなく“隠し”巨乳。ドラマでも、歩く、走るでダサTの胸部が揺れる揺れる。

 もう、それだけでも見る価値アリと申し上げておきましょう。(永瀬白虎)