【元文春エース記者 竜太郎が見た!】政治家として“一線越えた”今井議員 自民関係者「子育てそっちのけで色恋に…と批判されても仕方ない」

いい加減にしてほしいものだ

 PKO日報問題で稲田朋美防衛大臣、防衛省事務次官、陸上幕僚長が辞任という前代未聞の事態。その空白を狙いすましたかのように、北朝鮮がICBMを発射。排他的経済水域である北海道・奥尻島沖150キロ地点に落下したというが、国防を脅かす緊迫した状況だ。

 「一線を越えていない」

 こう主張するのは、実は、金正恩朝鮮労働党委員長ではない。週刊新潮に不倫疑惑を報じられたSPEEDの今井絵理子参院議員(33)だ。元人気アイドルは、いまや国民の安全を守るべく選ばれた、れっきとした国会議員なのである。

 「2004年に前夫との間にもうけた長男が聴覚障害を背負い、07年に離婚したあと女手一つで育ててきた。それが売りで、昨夏の参院選で32万票を獲得し、自民党の比例選出で見事初当選しました」(自民党関係者)

 しかしいま、彼女が直面する喫緊の課題は、疑惑を払拭し、「頑張るシングルマザー」のイメージを守ること。だが分は悪い。

 7月14日から3日間、今井議員は、小学生の男児と幼稚園の女児を持つ妻帯者と、自宅マンション、ホテルに同宿。その男性は神戸市議会議員(自民党・3期目)の橋本健氏(37)で、大阪大学歯学部卒、開業歯科医のエリートだ。週刊新潮のグラビアでは、移動中のグリーン車内で2人が爆睡しつつ仲良く手をつなぐ“熱愛写真”を掲載。また、ホテル内で濡れた髪のままパジャマ姿でうろつく彼女のスナップを撮っている。

 「今井議員の自宅は国分寺市にあり、そこで彼女の母親が中学1年生となる息子の面倒を見ています。別に借りている千代田区の高級マンションはいわば密会用。母親失格、子育てそっちのけで、色恋に浮かれていると批判されても仕方がないでしょう」(同前)

 報道各社宛ての釈明ファクスには「好感を持つように」なったと認めているが、芸能人ならまだしも、税金で支えられる選良である以上、しっかり仕事をしてほしい。

 「沖縄出身の彼女は当選後、基地問題は知らなかった、と語り周囲を驚かせましたが、あまりにも無知。勉強不足です。側近のレクチャーを暗記して話すだけ。政治家の資質は無いに等しい」(同前)

 今井議員は、なにもしなくても、あと5年、国会議員である。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。