【アイドルSEXY列伝】丙午の女は情熱的でいいかも デビューで巻頭グラビア飾った斉藤由貴、ムチムチ感のあるボディーに“萌え”

「完全未開封の美品。ピンナップ付き」3800円。神田神保町・荒魂書店((電)03・3291・8831)

 もっと評価されていい女優だと前々から注目、推していた清野菜名様。

 ついに10月からの新ドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)で主演。黒柳徹子様役を演じられます。

 菜名様を取材させていただいたのは2015年7月、主演映画『東京無国籍少女』のときでした。

 抜群の運動神経と女優資質として重要なヌードになることもいとわないサバサバの男前気質。世界を目指せる逸材だと評させていただきました。

 やはり元祖スーパーマルチタレントの黒柳徹子様役は、レベルの高い女優しか演じられません。

 昨年4月にオンエアされた『トットてれび』(NHK)では満島ひかり様が。テレビ草創期を描いた名作と呼ぶにふさわしい内容でした。

 そして、もうひとりが…。1987年8月に公開された映画『トットチャンネル』(東宝)で主演されたのが、斉藤由貴様です。

 映画としての完成度&娯楽性も高く第11回日本アカデミー賞では優秀主演女優賞を含む4部門を受賞。

 由貴様にとっては主演映画第3作目であり、コメディエンヌとしての才能を開花させた作品ともいえるでしょう。

 そのデビューは今も記憶に残っております。

 ミスマガジン第3回グランプリを受賞し、少年マガジンの表紙&巻頭グラビアに登場。

 「なんだ、この美少女は!」と驚愕し、プロフィルを見れば丙午生まれの同級生。

 ビキニNGでしたが、ムチムチ感のあるボディーに感じたのは、今でいえば“萌え”でした。多くのアラフィフ世代にとっては、我が青春のアイドルのはず。

 最近は渡辺直美様主演で話題のドラマ『カンナさーん!』(TBS)で別れた旦那の姑役。「こういう役柄も演じる年齢になったんだなぁ」と思っていた矢先のW不倫騒動。

 しどろもどろの釈明記者会見を拝見しましたが、個人的に女優、芸能人に清廉さなど求めていません。その芸で人を楽しませる、感動させる力があればいいのです。

 迷信ですが、丙午生まれの女は男を食う、と申します。齢50にして情熱的であってもいいじゃないですか、女優なのですから。同級生ゆえ、かなりひいきしていますけど。(永瀬白虎)