『おじゃMAP!!』での香取と草なぎの距離感が気になる

提供:NEWSポストセブン 

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、草なぎがゲスト出演した香取のスペシャル番組から、彼らの今の気持ちを読み解く。

 * * *

 ジャニーズ事務所から退所後、初めてテレビで共演した元SMAPの香取慎吾と草なぎ剛。番組は10月4日放送のフジテレビ系『おじゃMAP!!SP』。お笑い芸人のアンタッチャブルの山崎弘也が「ザキD」なるディレクターになり、草なぎ君の愛犬、フレンチブルドッグのくるみちゃんも登場。草なぎ君が香取君と今やりたいことをやるというスペシャル版だった。

 草なぎ君は腕に抱いたくるみちゃんが可愛くてしょうがない様子。一緒に番組に出たかったそうで、「初登場」と顔を上気させて愛犬を紹介するのを見ている香取君も楽しそう。草なぎ君は赤ちゃん言葉で愛犬に話しかけ、自分のことを「パパ」と呼ぶことも。「私もくるみちゃんになりたい!」と、テレビの前で思ったファンは数知れずだろう。

 さて番組冒頭、ザキDが「草なぎ君がやりたいこと」と言うと、香取君は左手で首筋を触った。くるみちゃんと一緒でご機嫌な草なぎ君も、「今までにない慎吾ちゃんの表情を引き出した」と宣言。すると香取君はまたも左手で首筋を触ったのだ。何か気になることでもあるのだろうか? というのも、これは困惑や不安などマイナス感情を抱いた時に、気持ちをなだめたりする時に出やすい仕草だ。

 何が香取君をそうさせたのだろう?『今夜すべて解禁』というサブタイトルがついたこのSP、台本通り、打ち合わせ通りにロケが進むかが心配なのか? それともザキDが「走るのこれ?」と驚いた草なぎ君の愛車、69年型シボレーでドライブするからか? 「何が起こるかわからない…」というわずかな戸惑いが心の底にあったようなのだ。

 最初は草なぎ君が自腹で香取君をコーディネートするという企画で、草なぎ君行きつけの古着屋さんへ向かった。ビンテージ物のジーンズを前に、あれこれ選んでいく草なぎ君。香取君は両手を後ろ手にして、彼の後をついて歩く。こういう場合に後ろ手にしているのは、「ここはあなたにお任せ、勧めてくれたら、そこから選ぶから」という無意識のサインだ。

 コーディネートが完成したものの、そのトータルのお値段43万円と聞き、ちょっぴり動揺したのか唇をこすった草なぎ君。25万のジャケットを自分で着てみると「俺が買うから貸してやる」と言い、「お前価値わかんないだろー」と目を見開き、妙な説得を試みる。すると香取君は、ポケットに両手を突っ込んで横を向いて笑うのみ。「絶対欲しくないよ」と指を差す草なぎ君に「欲しいよ」と言いながら噴き出した香取君。でもあの一瞬、ポケットに手を突っ込んだところを見ると、草なぎ君の読みが正解なんだろう。

 次に草なぎ君が提案したのは、2年前、香取君の誕生日にプレゼントしたBBQセットを使って、一緒にBBQをやること。「ハイキングセットみたいなやつ、ある? ある?」と聞かれても、香取君は前を向いたまま表情を変えず口をつぐんだまま。「いいでしょ、あれ?」と言われてもテンション低く曖昧な返事を返すだけ。「使ってないんじゃないの」と突っ込まれると、「使ってる」と横を向いて苦笑いしながら頭を掻いた。本音と建前が違うと、香取君は無意識に相手と反対方向に向きやすいようだ。

 「取りに行こうよ」という草なぎ君に、「行かねえよ」とあごを上げてのけぞった。控えめながらも強い抵抗が感じられる。それでも引き下がらず「慎吾の家に行こう」という草なぎ君に、「家にはない」と横を向く。わかりやすい彼の仕草に、草なぎ君が気がつかないわけがない。「あ~あそこか」いう意味深な発言に、「余計なことを言うな」と語気を強めたものの、結局、押し切られて自宅に行く羽目になったのだ。

 見せたくないのはわかるけど、知りたくなるのが人間の心理だ。おしゃれなインテリアや彼の絵が映し出されたが、自宅映像はモザイクだらけ。ガードは堅く、ザキDは着くまで頭に袋を被らされたという裏話をしていたほどだ。プライベートが出てしまえば少なからず影響はある。香取君が感じていた戸惑いの正体はこれだったのかもしれない。

 さて、BBQに満足した2人にザキDが恋愛トークを振った。香取君は「アイドルだからNG」と返事。そういう話はしないと言いながらも、草なぎ君が彼の好みのタイプを「おしゃれな子」と発言した途端、香取君はジャケットの前をしっかり重ね、両腕を組んでがっちりガード。腕を組むだけでなく、上着の前も重ねたことから、プライベートについて話す気は一切ない、話したくないということだ。

 ところが香取君、「後から抱きついた瞬間に違うと思ったことがある」と草なぎ君の恋愛秘話を暴露。「なんで言うんだよ~」と、照れたような苦笑いを浮かべると、おでこをこすった草なぎ君。困惑しただけでなく、高まる焦りと動揺を無意識のうちに鎮めようとしたのだろう。

 10代の頃のように2人で雨の中、新百合ケ丘駅で披露したストリートダンスを終えると、「いい始まりだね」と右手を握りしめ親指を上げて満足感を示した草なぎ君。次の会場では2人のために作ったという『シンツヨBe on right!』を歌い、「いい歌じゃん」という香取君の言葉に、「心をこめて作ったし、歌ったし」と胸に手を当てた。

 「今日からぼくたちの新しい人生が始まります」と最後に語った2人。いずれにせよ、今までのSMAPならば考えられない内容盛りだくさんであったのは確かだ。