元SMAPに“最強の護送船団” 欽ちゃん、海老蔵、ホリエモン…元マネ仕込みの巧妙戦略

独立3人組を支えるのは“欽ちゃん”(写真)か海老蔵か

 インターネットに活路を見いだそうとしている元SMAPの独立3人組。ジャニーズ事務所退社当初は逆風が予想されたが、大物たちが3人の援護に回るという予想外の事態が起きているのだ。最強の護送船団に守られ、元スマたちの逆襲が始まるのか。

 先月8日に事務所を退社した香取慎吾(40)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)の独立3人組。先月22日に開設したファンサイト「新しい地図」をはじめ、AbemaTVの特番「72時間ホンネテレビ」(11月2~5日)など、ジャニーズ時代にはあり得なかったインターネットでの活動を始めている。

 「テレビ業界のルールとして、独立後の1年間は新規の仕事を入れないという暗黙のルールがありますが、ネットテレビはそのルール外。ネットを戦場にしていないジャニーズともかぶらない。巧みな戦略です」と芸能プロダクション関係者。

 さらに独立3人組との共演者をキャスティングすることも難しいとみられていたが、ここに来て、そうしたしがらみに影響されない大物が次々と動き出しているのだ。

 18日放送のフジテレビ系「おじゃMAP!!」では萩本欽一(76)が出演することに。萩本といえば、香取とは「全日本仮装大賞」で長年共演を続けているだけに、心強い援軍だ。

 さらには「72時間ホンネテレビ」には、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が出演することが決まっている。海老蔵は制作側からオファーを受けて、快諾したという。この番組には、「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏(44)も出演することを明かしている。

 決定ではないが、お笑いタレントの今田耕司(51)も出演を希望する発言をしている。話題性も十分な、硬軟織り交ぜた顔ぶれになりそうな勢いだ。

 「3人のもとには、SMAPの育ての親といわれる元マネジャー女史がついています。もともとジャニーズにいたころからネット戦略も描いていたようですが、事務所の方針でできなかった。ここにきて、これまでできなかった活動に取り組もうとしているようです。そして、大物の共演も女史の狙い通り。誰にも文句を言わせない展開なうえ、話題性を保ち続けている」と前出の芸能プロ関係者。

 まだまだ“隠し球”がありそうだ。