【アイドルSEXY列伝】いしのようこ、水着では笑顔少なかった恥ずかしがり屋? ビキニNGでマイナスの印象も

いしのようこ

 最近、録画しておいた『トットちゃん!』(テレビ朝日系、月~金曜午後0時半)を見ながら、晩酌をするのを楽しみにしています。

 黒柳徹子様関連企画にハズレなし、なのですが今回の帯ドラマは大当たりの予感。

 現在、徹子様の個性的な子供時代を、子役の豊嶋花ちゃんが演じているのですが、これがもう、お父さん的に感激してしまうかわいさ。

 1歳から芸能活動を始め、現在10歳にして女優歴9年というキャリアの花ちゃん。

 NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』ではヒロインめ以子演じた杏様の、『あまちゃん』では天野春子、つまり小泉今日子様、有村架純様の幼少期役。

 その他、武井咲様、ミムラ様、松岡茉優様、鈴木保奈美様など、名だたる女優が演じる役の子供時代を演じる幼少期の女王です。

 ドラマは、戦火が厳しくなってきた東京を離れ母の朝(松下奈緒様)とトットちゃんは疎開することに。

 汽車で知り合った人の好い笑顔のリンゴ農家、佐々木伸夫(宮川一朗太氏)を頼るという展開へ。

 この伸夫の妻、八重役を演じるのが、いしのようこ様です。

 まだストーリーは公開されておりませんが、疎開を経験した諸先輩がたに聞きますと『疎開先でイジメられた』という話をよく聞きます。

 ひょっとしたら、ようこ様は意地悪な悪妻役なのかも、と心配です。

 かわいい花ちゃんを役の上とはいえ、イビリまくったら、いまどきネットで炎上しかねませんので。

 ようこ様といえば、バラエティーでのコント女王のイメージが強いのですが、コメディエンヌ開眼前はアイドル女優として注目の存在でした。

 初主演の伝説的アイドルドラマ『セーラー服通り』(TBS系、1986年)の制服姿の愛らしさは記憶に残ります。

 校則の厳しい女子高に通う3人組が巻き起こす青春コメディーで、親友役に『C.C.ガールズ』メンバーとなる藤原理恵様、さらに現在大学教授となられた紘川淳様も出演されていました。

 アイドル初期にはグラビア展開もあったようこ様。ビキニはNGで、なぜか水着では笑顔が少なかったマイナスの印象もございます。

 オジサンとなった今は、恥ずかしかったんだネと妄想し、萌えるのですけど。(永瀬白虎)