【泉谷しげるの毒舌コラム オレに言わせろ!】貴乃花親方を四面楚歌扱い…周りの目はフシ穴か モンゴル人力士らはイイ気になりすぎ

誰かが貴乃花親方を応援してやらないとな

 あまり触れたくないがあえて触れてみよう。オイラの勝手な見方だが、とにかくモンゴル人力士たちはイイ気になりすぎだな。今や日本の相撲はモンゴル出身力士らが動かしてる気でいやがるからね。

 ようやく日本人横綱が誕生したが、いまだモンゴル人の横綱が相撲興行を牽引しているワケだし、日本人力士に勝ち続けてる以上、かなりの天狗(てんぐ)だろうよ。

 モンゴルでは、相撲は「格闘技」なのか。日本の相撲は「死に体」になったら、つまり、投げられて土俵の外にカラダが浮いた状態であらば、もう勝負はついてて、後は土俵下に落下しないよう相手のカラダを支え、きれいに土俵を割らせるのが横綱相撲なンだが、モンゴル相撲は勝つための相撲なので力まかせで土俵外にふっ飛ばす光景がしばしば。

 勝負あったのに横綱白鵬は負けを認めず、前代未聞の「物言い」をするとは…。相撲のルールを知らないのか。

 土俵外も戦っていたいのか酒グセも悪すぎだ。自分の弟子が同郷の力士に誘い出され、あげく横綱に何発も殴られたら、親方としては怒るのは当然。

 これまでも数々のモンゴル力士たちの目に余る素行の悪さに目をつぶってきた協会のふがいなさにも、貴乃花親方は怒っているのである。

 ここは「頑張れ、貴乃花親方」なのに、周りは貴乃花側に「非」があるかのような「流れ」をつくり、事なかれ主義の相撲協会に反抗する貴乃花親方を四面楚歌扱いにするとは…。周りの目はフシ穴か。

 協会に反抗的な態度を示した貴乃花親方は、もう協会理事長への道は絶たれただろうに。それほどの決意で弟子を守ってるのである。

 オイラが育った音楽界では「もう、あいつの時代は終わった! これからはオレたちだ」という発言はしょっちゅう。オイラも目の前の先輩に平気でほざき、よくケンカになった。そらぁ言われたほうは相当に悔しいとは思うが、若い世代が先輩を越そうとするのは、ソノ時代が元気な証拠で歓迎すべきことなのだ。

 オイラも追い上げてくる若いもんに「終わった」と言われたことが、何度もあったぜ。そのたびに「負けるか」と思ったもんさ。言い放った生意気な若いもんが残らないほうが寂しい。厳しい世界を生き抜いた者こそ「強くて優しい」精神を獲得できるハズ。勝ち負けがあっても決して戦い損はない!

 戦う者に愛を。

 ■泉谷しげる(いずみや・しげる) シンガー・ソングライター、俳優。1948年5月11日、東京都生まれ。71年、ライヴアルバム『泉谷しげる登場』でデビューし、72年には代表作『春夏秋冬』を発表。70年代後半からは俳優としても活動を始める。

 69(ロック)歳を記念して過去の楽曲を収録したCD9枚と完全新作CDの10枚組アルバム『泉谷しげるの新世界「アート オブ ライブ」』が発売中だ。

 12月17日には、埼玉県越谷市の越谷イージーゴーイングスで『泉谷しげる 昭和のフォーク&ロックを歌う! 越谷』を開催する。