篠田麻里子 体当たりのラブシーンでぶつかった「女優の壁」

提供:NEWSポストセブン 
体当たりのラブシーンに挑んだ篠田麻里子

 12月9日公開予定の映画『ビジランテ』。大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太演じる三兄弟を巡って巻き起こる、暴力的な人間模様を激しくも繊細に描いた作品だ。『SRサイタマノラッパー』シリーズなどで知られる入江悠監督がメガホンを取った。アクの強い俳優陣のなかで、彼らに負けずに、妖艶な演技で作品を彩るのが元AKB48の人気メンバーで女優の篠田麻里子だ。その撮影は極寒の正月に始まったのだという。

 「1月4日だったと思うんですが、今年の仕事始めが体当たりのラブシーンの撮影でした。だから、気合いが入ったというか。だってお正月の撮影ですよ、そんなスタートの人いないですよね(笑)」

 篠田が演じるのは、次男の鈴木の妻役の女性・美貴。閉鎖的な地方政治の世界の裏側で、自身の美貌を駆使して男たちを翻弄し、権力と財産を得ようとする“悪女”という役どころだ。篠田は今作で自身初となる体当たりのラブシーンに挑戦している。

 アイドルから出発した彼女が、女優として“脱皮”した背景には何があったのか。本作について篠田本人が語った。

 正月にラブシーンの撮影からクランクインしたのには監督なりの意図があったという。

 「撮影の時は説明して貰えなかったんですが、監督は『2人がちゃんとした夫婦になるためにあのシーンから撮った』そうなんです。インタビュー記事を読んで初めて知りました(笑)。たしかに、色々な意味で恥ずかしいところを見せるこのシーンから1年が始まったことで楽になれたし、良かったと思います。

 でも、今回の作品は『大胆』がテーマだったと思うんです。でも、その大胆さを突き抜けるのがなかなか難しくて、自分って小心者で、ちっちゃい人間だったんだなって落ち込みました。自分の殻に閉じこもる部分があるので、もっと素直に大胆でいられるようになりたいですね」

 アイドルとして駆け抜けた時代は、大胆に歌って踊っていたように見えたが、そこには「アイドル」と「女優」の違いがあると明かす。

 「やっぱりアイドルの方が女優より楽だなって思うんです。言っちゃうと、アイドルは作れば良いけど女優はさらけ出さなきゃいけない(笑)。それで、さらけ出すって勇気のいることだし、そこを越えて人間味を感じてもらうのが魅力だと思う。

 逆にアイドルは自分をどう見せるかが大事です。でも一生懸命その姿を考えてアイドルとしての自分を作っていけば、ある意味『自分を隠している』ので、生きていく上では楽ですね。女優としては篠田麻里子という『自分らしさ』をさらけ出していくのが今後の目標です」

 アイドルとして頂点に立った篠田は、この作品である意味「真逆」の作らない自分をさらけ出している。本人は撮影を通して「突き抜ける難しさ」を感じたというが、大きな挑戦を経て、1つ突き抜けた姿をスクリーンで披露できたことは間違いない。映画『ビジランテ』での演技がそれを証明している。

 プロフィール●しのだ・まりこ/1986年、福岡県生まれ。AKB48の第1期生オーディションに落ちるも、劇場併設のアルバイト中の2006年にファンの声でメンバーとして加入。以後、アイドルだけでなく、モデルや女優としてもマルチに活躍。2013年のグループ卒業後は、本格的に女優として活動している。