テレ東関係者匿名座談会 「大物MC・ひな壇・前例不要」

提供:NEWSポストセブン 
12月に退局する大橋未歩アナ

 『YOUは何しに日本へ?』『家、ついて行ってイイですか?』『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』…テレ東が今熱い。特に『池の水』の視聴率については9月3日(11.8%)と11月26日の放送(12.6%)でNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』を超えたほどだった。そこで、テレ東関係者匿名座談会を開催。顔ぶれはこうだ。

 A…制作会社バラエティー番組AD

 B…ベテランの女性フリーディレクター

 C…広告代理店若手営業マン

 A:それにしても『池の水ぜんぶ抜く』の“大河超え”には驚いたね。

 B:テレ東で2桁は快挙です!

 C:原動力はやっぱり企画力ですよ。外部からの持ち込み企画に対してキー局が「MC誰?」「MCの事務所に了解取れてるの?」とMCばかりを気にするなか、テレ東だけは企画そのものの面白さで判断しています。

 B:予算の少ないテレ東にとって大物MCはギャラがかさむため不要。だから一層、企画が大事になるわけね。

 A:テレ東の番組には他局でボツ扱いになったものも多いそうですよ。大ヒットしている『YOUは何しに日本へ?』だって、最初は他の局に持ち込まれたけど相手にされなかったって噂だよ。食いついたのはテレ東だけだったって…。

 C:その噂、私も聞きました。MCのバナナマンだって、たまたまスケジュールが空いている時間帯だったからオファーしてみたらOKが出ただけとか。だからバナナマンは、わりと大物なのに、経費削減のあおりで会議室で撮影させられている。あれ、本人たちは怒ってないのかなぁ~(笑い)?

 B:テレ東以外の局はサラリーマン的なプロデューサーばかりになったと思う。上司に疎んじられるのが怖いから、前例のない企画はやりたがらない。企画書に〈○○のような番組〉とか書かせる。面白い番組を作る気なんてサラサラない。

 A:その一方で、テレ東で当たった番組は臆面もなくパクる。ローカル路線バスを乗り継ぐ番組はテレ朝がパクってるね。

 C:『池の水ぜんぶ抜く』も、他局がすでに似たような企画を発注済みと囁かれています。

 B:テレ東が企画を大事にするのは、圧倒的に予算が少ないからだけど、番組の制作費は他の局と比べて半分以下ともいわれていますよね。

 C:ギャラが払いきれないから、他局でおなじみの「ひな壇番組」は存在しないですしね。

 A:経費削減が行き着くところまでいって、30分番組をたった50万円の制作費で作らされたプロデューサーもいたそうです(笑い)。制作発表も他局はホテルで行うことが多いけど、テレ東は局内と徹底していますよね。

 C:テレ東といえば、巨乳女子アナのイメージも強い。おじさん視聴者を獲得するため、スポーツ番組の台本には「YC(横乳カメラ)」、「UC(上乳カメラ)」とカメラアングルの指示が明記されているとか。

 A:涙ぐましい努力ですね(笑い)。視聴率のためとはいえ女子アナも大変だ。ところで女子アナといえば、12月に退局する大橋未歩アナ(39才)がさまぁ~ずの三村マサカズ(50才)のラブコールに応えて『モヤモヤさま~ず2』に特別出演したね。

 B:同番組のアシスタント経験のない大橋アナを三村さんが「好きだから」という理由だけで出演させるところが、いかにもテレ東っぽい。ただ、現アシスタントの福田典子アナ(26才)がちょっとかわいそうかも…(苦笑)。

 A:テレ東は新社屋に移ってそろそろ1年か。

 B:六本木三丁目の新社屋は地上40階の最新タワー。トイレの入り口は自動で開くし、ATMはあるしで社員はみんな感動しているね(笑い)。

 C:社員のモチベーションは間違いなく上がりました。一方で「古いビルでほこりにまみれて仕事をしてきたので、新ビルには慣れない」と言う古参のプロデューサーもいて、テレ東らしいなと思いました。

 B:それでも局員の待遇は変わってないみたい。お弁当も前と同じ。

 A:それでも結果を出しているから立派だよ。

 B:フリーや制作会社を大事にしてくれるから、いい番組が生まれるのでしょうね。

 A:「テレビ局は社屋を移転するとスランプになる」といわれるよね。フジも日テレも移転と前後して視聴率が低迷した。テレ東は大丈夫かな。

 C:それは大丈夫でしょう。なぜなら、あのビルは実は賃貸ですから(笑い)。

 B:でもこの間、テレ東の某ディレクターが飲み会で「新社屋はすごく立派なビルですね」と聞かれて、「ええまあ」と相槌を打っていた。自社ビルっぽく振る舞っていてかわいかったよ。

 A・C:(笑い)

 ※女性セブン2017年12月14日号