【芸能界スキャンダル 2017年総まくり】二世タレントの犯罪のウラに甘い親 清水良太郎、橋爪遼、坂口杏里…

父、アキラ(写真)の涙のワケを良太郎は知っているのか

★(3)

 100メートル走に例えれば、親の名前を利用できる2世タレントは30メートルのハンデをもらったようなものだ。俳優という仕事は歌舞伎のような伝統芸と違い、素人でもこなせるだけに厳しさが要求される。

 もし息子が芸能界を目指すのであれば、親は縁を切って奈落の底に突き落とす覚悟が必要だろう。ところが親が甘く、宣伝役まで買って出る。結局、覚醒剤にまで手を出し親の顔に泥を塗る。

 今年6月、俳優の橋爪功(76)の息子、橋爪遼(31)が知人宅で覚醒剤を使用したとして逮捕された。

 物まねタレント、清水アキラ(63)の息子のタレント、清水良太郎(29)は10月に豊島区内のホテルで覚醒剤を使用して逮捕された。

 「面会に来た父親が泣き崩れる姿を見てとんでもないことをした(と思った)」と公判で話したが、父親に涙を流して謝るのが筋、逆ではないか。「曲作りの必要に迫られ、覚醒剤を使うとはかどるという言葉を信じた」と言うが、デリヘル嬢は写真週刊誌にサービス中にあぶって吸っていたと明かしている。ウソはもっと悪い。

 要するに父親が甘い。この1年で闇カジノ、覚醒剤と2度の不祥事を起こしている。こんな感じでは3度目の逮捕だってあり得る。

 清水アキラは息子の逮捕に涙で謝罪したが、その涙はマスコミ向けにも見えた。引退させる毅然とした態度が必要だったのでは。どう見ても息子への溺愛の涙としか見えなかった。

 二世タレントの暴走は続く。小さな事件だが、女優の故坂口良子さんの娘で元タレント、坂口杏里(26)は交際していたホストから3万円を脅し取ろうとし、警視庁に恐喝未遂容疑で逮捕された。彼女は結局、芸能界を引退した。当然である。

 俳優の浅野忠信(44)の所属事務所の社長で、父親の佐藤幸久容疑者(68)が11月に警視庁渋谷署に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された。浅野が出したコメントは、罪を犯した父親を更生させる上でも、素晴らしかった。

 「父は大きな過ちを犯しましたが、僕にとってはたった一人の父ですので、今は父のことがとても気がかりです(中略)。今後はより支え合って多くの時間を父とともに過ごしたい」

 中村雅俊(66)は大麻を使用した息子を引退させた。かつて田村正和(74)は、「(父親の阪東妻三郎とは)怖くて話したことがない」と話していた。

 このように、二世タレントにこれだけ厳しい姿勢をとっている親もいる。にもかかわらず、事件は起きる。(芸能評論家・肥留間正明)