田中みな実、どん引きするほどの「心の闇」告白 ざわつくネット「やばいんじゃない」

抱えた闇は深そうだ

 まさかの心の闇が浮かび上がった。ファッション誌で“肘ブラヌード”まで披露し、話題を呼んだフリーアナウンサーの田中みな実(31)。先日出演したバラエティー番組での発言が、あまりにも虚無感にまみれており、ネット上をざわつかせているのだ。

 田中が問題発言を連発したのは20日放送の「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみましたSP」(日本テレビ系)でのこと。

 今年の田中はレギュラー番組なども抱え、さらに雑誌「an・an」で肘でバストを隠したセミヌードを披露し女性からも称賛されるなど、これまでの嫌われ女子を返上する活躍ぶりをみせた。

 そんな田中だが、番組では「何のために今仕事をしているのか」と問いかけたかと思うと、稼いだお金の使い道について、「じゃあこのお金を自分のために使います。洋服買います、化粧品買います。で、私は満たされていますか」と心の闇をさらけだした。

 さらには「男の人を好きになれないし、なるタイミングもない」とも。

 そしてこんな激白を。

 「20日ぐらい日程を用意して、お店もたくさんラインアップしてくれた男性がいて、一度行きましょうとなって、2人で行ったんですけど、35分で帰る感じになっちゃった」

 スタジオを凍りつかせながら、田中の告白はさらに続き、「盗聴もありますから、盗聴器の検査を年2回入れています」とまで明かしたのだ。

 こうした発言に、ネットもざわつく。気持ちが分かるという賛同もあれば、「やばいんじゃない」「休んだほうがいい」といったどん引き反応も。

 「ちょうど1年前には、結婚して家庭に入っても悔いはないとまで発言した田中ですが、結局、男性不信は克服できないままのようです。父親は一流企業の役員、姉は東大卒のエリート、自身もニューヨーク生まれの帰国子女とあってプライドが高いのですが、その分コンプレックスもたくさん抱えており、複雑な女性だそうです」とベテランの芸能ライター。

 この闇はなかなか晴れそうにないだろう。