【坂上忍の白黒つけて何が悪い!】究極のリアリズムが裏目、「不快感」すら生むクオリティーの高さ 映画館で体感してほしい「デトロイト」

「デトロイト」

 困った作品である。クオリティーは間違いなく高いのだが、とんでもなく高いのだが、後味が悪く、諸々含めて不愉快なのだ。

 監督は「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー。女性として史上初のアカデミー監督賞を受賞した、今最も旬な監督のひとりである。

 ビグロー監督の真骨頂は圧倒的なリアリズムに徹した世界観。観ているうちに映画なのか、現実なのか、分からなくなるほど、力ずくで観客をひき込んでいく。

 ですが、今回ばかりはその究極のリアリティーが裏目に出たといいますか、「はいはい、もうわかりました」と、わたしはげんなりしてしまったのです。

 1967年-、アメリカの大都市のひとつであるデトロイトで暴動が勃発。原因は黒人が集まったパーティーに警官が押し入り、横暴極まりない扱いをしたことによって、黒人が暴徒化。

 軍隊を投入せざるをえないほどの大規模な暴動となってしまったのである。

 暴動発生から3日後、とあるモーテルは黒人の若者たちでにぎわっていた。そこへ再び警官が押し入ると、あろうことかひとりの警官が黒人の若者を背後から撃ってしまうのである。

 と、要するに白人至上主義が横行していた時代に黒人の方々がどれだけ迫害を受けていたかという、見方を変えれば賞獲りをかなり意識したストーリーとも取れるのである。

 別にいいんですよ。賞を狙いにいく作品があったって。全然いいんですよ。人種差別問題を扱った作品が飽和状態になったって。個人的には好きなジャンルですから。

 ただね、ここでビグロー監督のリアリズムが弊害となってくるといいますか…。

 リアリティーが有り過ぎるんですよ。カメラアングル、カット割り、編集含めて、リアル過ぎて胸が苦しくなり、具合が悪くなってくる。

 しかも執拗(しつよう)に、ネチネチと黒人の方々を追い込む様を描くから、「もういいだろ!」「勘弁してあげてよ!」と叫びたくなるんです。

 当然、こういった非人道的な暴挙を繰り返さないというメッセージは大切なんですが、しつこ過ぎてしつこ過ぎて…。

 リアリズムもけっこうだけど、もう少し映画的な嘘というか、距離感を持って撮ってくれていたら、見え方も違ったのかなと、わたしは思ってしまったのです。

 ただ、役者さんたちは絶品でしたね。あえてメジャーどころの役者は使わず、役のキャラクターに合った役者を起用することに徹したんだと思われますが、みなさん見事にハマっておりました。

 ということは、やはりクオリティーは相当高い作品なんですよ。非の打ちどころがないと言ってもいい。

 ですが、あまりにクオリティーが高過ぎて不快感を覚えてしまった…わたし。

 映画って難しいですね。ちなみに、映画評も難しいです。「不快感を覚えた」と言いながら、「非の打ちどころがない」って矛盾してますもん。

 でも、これがわたしの正直な感想なんです。

 だからこそ、ぜひ映画館で観ていただきたい。いろいろな受け止め方ができる作品だと思いますので、あなたの眼で、身体で体感してください!

 2018年1月26日公開。 

 ■坂上忍(さかがみ・しのぶ) 1967年6月1日、東京都生まれ。俳優、タレント、映画監督、演出家などマルチに活躍。3歳から劇団に所属。多くのドラマに出演し“天才子役”と呼ばれた。テレビのレギュラーは「バイキング」「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)「有吉ゼミ」(日本テレビ系)など。