AKB岡田&村山が相思相愛キス披露! 成人式コンサート詳細リポート

「成人式コンサート~大人になんかなるものか~」 (C)AKS

 AKB48グループの新成人メンバーが14日、TOKYO DOME CITY HALLで「成人式コンサート~大人になんかなるものか~」を開催。HKT48・宮脇咲良(19)、AKB48・向井地美音(19)、NMB48・白間美瑠(20)ら、各グループのセンター経験者を含む“黄金世代”39人が振り袖あり、コスプレありの豪華絢爛なステージを披露した。

■各グループがコスプレでパフォーマンス

 幕が開くと、まず宮脇らが振り袖姿で歌舞伎の口上のように「よろしくお願い奉りまする」とあいさつ。歌手のきゃりーぱみゅぱみゅの「ふりそでーしょん」をカバーし、晴れ着のまま4曲をパフォーマンスした。

 8日に東京・神田明神で行った成人式で宮脇が「黄金世代」と表現したことについて「みんなで何言うか決めようとなって、謙虚じゃだめでガツガツ行こうって。『黄金世代』に決めたけど、会見では『と呼ばれたい』って付けた」と裏話を告白。その会見で白間は「私も1位狙いたいです!」と発言したが、この日も「みんな1位取りたいと思ってなあかんで。ケンカ、ケンカ。競争ですから!」と勝ち気だった。

 成人ということで、メンバーが子供のころの夢を話す流れとなり、白間は「焼き鳥屋さんになりたかった」。宮脇も「お医者さんを目指して、勉強を頑張っていたけど全部捨ててきました」と話した。STU48・瀧野由美子(20)は「幼稚園のころはお姫さまになりたかった」と個性的な夢を明かした。

 また各グループがさまざまな職業にちなんだコスプレでパフォーマンスを披露した。AKB48がパティシエ、SKE48がOL、NMB48が警察官姿でパフォーマンスを繰り広げるなど、それぞれが趣向を凝らして歌い踊った。

 アナウンサーとして登場したSTU48では、瀧野が曲の途中で早口言葉「シャア少佐主催の新進シャンソン歌手新春シャンソンショー」に挑戦する一幕があったが、まったく言えずに撃沈。しかし岡田奈々(20)がこれを見事に成功させて瀧野のミスを帳消し。キャプテンとしての底力を見せつけた。

 MCでは、看護師姿のHKT48から神志那結衣(20)がナース服に「エロティックな感じでやらせていただいた」と笑顔。衣装が似合うと褒められると、「全然そんなことないですよ」と言いながら、“お約束”の鏡を取り出して「ホンマやん」とノリツッコみを披露し、会場の笑いを誘った。

■“禁断の関係”岡田奈々&村山彩希の濃厚キスに会場がどよめく!

 ユニットパートでは、岡田、村山彩希(20)が登場して「おしべとめしべと夜の蝶々」を妖艶にデュエット。「ゆうなぁ」のコンビ名で呼ばれ、相愛相愛、“禁断の関係”というウワサもある2人の歌唱にファンが盛り上がった。

 曲中のセリフで村山が「私たちもついにこの曲をやるときが来たのね」とささやくと、岡田は「これはもう運営公認ってことなんじゃないですか」とニヤリ。村山が「どうなんだろうね」とかわすと、岡田は「正直、私のことどう思ってますか?」と追求した。「別に嫌いじゃないけど」と言い出す村山に岡田が「好きか嫌いかでいうと?」と投げかけると、「それは…好きだよ」とつぶやく村山。両者の関係を表したやり取りを披露し、最後は、ガッツリと唇と唇が重なる“公開キス”までサービス。ファンからは悲鳴が上がった。

 客席から「おめでとう」という祝福の声があがると、岡田は「初めて村山さんから好きだよって言ってもらえた」と感激。村山も「終始照れというか…」と“ゆいりんご”らしく頬を紅潮させた。メンバーからは「裏でもイチャイチャしてた」とイジられた。

 担当について岡田が「おしべ」で村山が「めしべ」であると明かされるが、岡田は「そこ、気になりますか?」と自らツッコみ。「リハーサルでは本域でやってくれなくて」と不満を言い出す岡田に村山は「何回チューしなきゃいけないんですか」と笑顔を見せた。高橋朱里(20)から「なぁちゃん(岡田)、本番前にメイクさんからめっちゃミンティアもらってた」と暴露されると、2人はさらに頬を紅潮させていた。

■向井地「AKB48のいまを引っ張っていきたい」

 NMB48・加藤夕夏(20)やHKT48・本村碧唯(20)らのダンス選抜メンバーは「野蛮な求愛」をパワフルにパフォーマンス。森保まどか(20)のピアノと瀧野のサックスに乗せて、高橋、チーム8・小田えりな(20)、神志那は「愛よ動かないで」でハーモニーを聞かせた。白間、NMB48・古賀成美(20)、NMB48・内木志(20)は卒業生・高橋みなみ(26)のソロデビュー曲「Jane Doe」にチャレンジ。新成人たちが趣向を凝らした演目に全力で挑んだ。シングルメドレーでは「LOVE TRIP」で高橋、「君はメロディー」で宮脇、「#好きなんだ」で岡田がセンターを担当した。

 最後に向井地は「20年前に生まれた私たちが、このステージに立てたことは運命だと思います。新成人メンバーで、AKB48のいまを引っ張っていきたい」とあいさつ。力の入った決意表明に2000人のファンが声援を送った。(zakzak編集部)

■zakzakのオリジナルエンタメ記事をいち早くチェックするならツイッター「zakzak公式エンタメ部」がオススメ!フォローをお願いいたします!

■きれいな写真を楽しむならInstagram「zakzak公式エンタメ部」がオススメ!フォローをお願いいたします!