会いに行けるアイドル新形態 一緒に飲める「飲みドル」とは

提供:NEWSポストセブン 
時には飲み過ぎてしまうことも…

 握手やハグができるアイドルはもはや当たり前になった“アイドル戦国時代”。驚くことに、一緒にお酒が飲めるアイドルまで現われた。ファンたちの間では「飲みドル」と呼ばれている。

 5人組アイドルグループ「飲みドル∞エイトカンパニー」は、ステージやライブハウスで歌を披露することもあるが、主な“舞台”は東京・歌舞伎町のスナック「飲みドルスナック」。OL風の衣装を着た彼女たちが客を迎え入れ、一緒にグラスを傾ける。酒が進めばお気に入りのアイドルのプライベートな姿が見られるかもしれない、という期待もあって、ファンはもちろん一見客も多く訪れ、店は連日盛況だ。

 「週6勤務」でグループ一番の「酒豪」、リーダーの倉本あやさん(30)さんが話す。

 「ほぼ毎日飲んでます! オープン直後、開店祝いとしてお客さんがシャンパンを8本も開けてくれたのですが、調子に乗って全部一気にラッパ飲みしちゃって(笑い)。酔うと陽気になるタイプですけど、この時はさすがにベロベロに酔っ払ってお客さんに抱きついたりして、ハメを外しちゃいました~」

 倉本さんにはメンバーにも明かしていない「癖」があるという。

 「私、実は“髭フェチ”なんです。無造作に伸ばしたワイルドな髭を見ると、たまらなくて。そんな髭をお持ちのお客さんがいらっしゃるとつい触りたくなって、酔いが回ると手でサワサワして触り心地を堪能したり……。一度、飲み過ぎた時に理想の髭を生やしたお客さんのアゴ周辺に思わず頬ずりしてしまったことがありました。さすがにその時はお客さんもギョッとして“なっ、なんだー!?”とドン引きした様子だったので、以後、いくら酔っても頬ずりしたくなる衝動は抑えるようにしています(笑い)」

 「会いに行けるアイドル」の新たなかたち。今後、こんな「飲みドル」が増えてくるかもしれない。