元スマ「決戦の春」地上波レギュラー終了もネットで新番組開始 木村、香取には新たな展開?

攻め続ける(左から)草なぎ、稲垣、香取の3人

 元SMAPの3人にとって、この春は「勝負の春」となりそうだ。地上波のレギュラー番組が3月いっぱいで終了することが明らかになると、インターネットテレビでのレギュラー番組開始を発表する電光石火の早業で存在をアピール。古巣のジャニーズ事務所が1月31日、所属タレントの写真のネット掲載を認めるなど攻勢を強める中、負けられない戦いが続く。

 昨年9月に事務所を退社した元SMAPの香取慎吾(41)、稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)にとって、この春は激動の春だ。

 香取のレギュラーだった「おじゃMAP!!」(フジテレビ系)が3月いっぱいで終了すると発表されただけでなく、草なぎの「ぷっすま」(テレビ朝日系)も終了すると報じられた。

 「どちらも、どこかにSMAPを思わせる番組タイトルだっただけに、いずれは終了するとささやかれていました。テレビ各局はこの半年間を猶予期間とみていたようで、ここに来て動きが出てきたということでしょう」と放送関係者はみる。

 しかし、3人は転んでもただでは起きない。1月30日から香取の誕生日である31日未明にかけてインターネットテレビ局「AbemaTV」の生放送に出演し、4月から同局で新たなレギュラー番組をスタートさせることを発表したのだ。

 「ネットテレビといっても、3人にとっては退社後初めてのレギュラー番組。この春に地上波レギュラーがほぼなくなることを見通した動きでしょう。ここで動きをとめるわけにはいかない。タレントにとって露出が減ることが一番の致命傷ですから」と芸能プロダクション関係者。

 そんな中、気になる情報も。「木村拓哉が稲垣と連絡を取り合い、香取と和解を図っているという話が昨年末ごろから立ち上がっては消えという状況が続いている。しかし、もともと香取は木村を慕っていたわけですから、たもとを分かったとはいえ、どこかで通じるところはある。それぞれが違う立場に立った今、新たな動きが出てもおかしくはない」と先の芸能プロ関係者は見通す。

 香取、稲垣、草なぎの主演映画「クソ野郎と美しき世界」は4月6日から公開される。決戦の春は刻々と近づいている。