沢尻エリカが年上男性と事実婚状態「母と3人で同居」も

提供:NEWSポストセブン 
「別に…」騒動からは10年が経過

 2月下旬の平日の夜7時。東京・西麻布に沢尻エリカ(31)の姿があった。毛皮のマフラーに黒いジャケットをはおり、スパンコールをあしらった白のミニスカートからは、ストッキングに包まれた美脚が伸びる。

 映画の舞台挨拶で「別に……」と発言し、大バッシングを受けてから早10年。結婚、そして3年におよんだ離婚劇も経験した「エリカ様」の艶かしさは30代になっても健在、いや増していた。

 彼女が入っていったイタリアンレストランには、映画『不能犯』(公開中)の共演者、スタッフが集まっていた。映画関係者が言う。

 「関係者らを招いたオフィシャルな打ち上げはクランクアップ後の昨年に済ませていました。その日の俳優陣は主演の松坂桃李さん、沢尻さん、テット・ワダさんのみで、あとは数人のスタッフという小規模な集まりでした」

 不気味な能力で心を操る殺人犯を松坂が演じ、彼を追う女刑事を沢尻、その先輩刑事を演じるのがテットだった。テットは18歳で渡米し米国で芸能界デビュー。数年前からは日本のほか、中国や台湾でも活躍する“逆輸入俳優”だ。

 「個室にはワインのデキャンタが何度も運ばれ、楽しそうな笑い声が漏れていました。かなり盛り上がっていたと思います」(居合わせた客)

 一行がイタリアンレストランを後にしたのは夜11時頃。宴はまだ終わらず、二軒目への移動が始まる。陽気な様子の沢尻はスキップしながら店を出てきた後、テットと寄り添うように歩きながら大通りへ。タクシーを止めると、そのまま一緒に乗り込んだ。映画関係者によれば、

 「映画の撮影現場で沢尻さんと松坂くんが居合わせることはほとんどなく、一方で同じ刑事役だったテットさんとは、よく椅子を並べて仲よさそうにおしゃべりしていました。共通の話題は車で、『あの車、カッコいいよね~』なんて、沢尻さんもノリノリの様子でした」

 テットは45歳で、沢尻とは14歳差。そういえば前夫の高城剛氏は22歳も年上だった。沢尻はやはり年上好きなのか。

 ◆信頼の置ける人だけ…

 2人が入ったのは、六本木の路地裏にある隠れ家バー。その後、別のタクシーでスタッフや松坂も合流したが、12時半頃に松坂らは店を出て、店内には沢尻とテット、映画関係者が3人ほど残った。

 「エリカの行きつけのバーで、“本当に信頼の置ける人しか連れてこない”と言っていました」(沢尻の知人)

 そんな店で杯を重ね続けるテットは、沢尻にとって新しい“特別な存在”なのか。ところが、深夜2時半すぎに“急展開”を迎える。沢尻が突然店の外に出て、イケメン男性を満面の笑みで出迎えたのである。

 寄り添うようにして店内に入ったかと思うと、間もなくその男性と2人で出てきた。すっかり赤ら顔の沢尻は、スタッフや店員らに手を振り、男性とタクシーに乗り込んだ--。風のように突然現われ、沢尻を“お持ち帰り”した男性は誰なのか。

 「海外有名人にも愛用されているファッションブランドのデザイナーA氏です。沢尻とは6年ほど前から交際していて、沢尻の母と3人で同居もしているそうです。もはや“事実婚”状態です」(芸能関係者)

 その言葉通り、タクシーが向かったのはA氏の自宅兼事務所。深夜まで飲み続ける沢尻を心配して迎えに来たのだろうか。結局、朝になっても沢尻は出て来なかった。沢尻の所属事務所エイベックス・マネジメントの担当者が答える。

 「その日は映画のプロデューサー主催による、映画の大ヒットをお祝いする会合でした。その後の行動については、プライベートなことは本人に任せているので、お答えしかねます」

 最近、沢尻の母親のリラさんは知人らに「早く孫の顔が見たい」と漏らしているという。2回目の春はそう遠くないようだ。

 ※週刊ポスト2018年3月16日号