元スマvsジャニーズ攻防激化! 香取慎吾ら3人の新曲発売に合わせ、ジャニーズ側はYouTube公式チャンネル開設情報も

4日のイベントで新曲を披露した香取、草なぎ、稲垣(左から)

 ジャニーズ事務所と元SMAPの攻防戦が過熱している。東京都内で行われたパラリンピック啓発イベントで元SMAPの香取慎吾(41)ら3人が新曲を発表した同じ日、ジャニーズ側からは初のYouTube公式チャンネルが開設されるというニュースが飛び込んできたのだ。

 4日、香取、稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)の3人は、東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われた「パラ駅伝 in TOKYO 2018」にゲスト出演し、新曲「雨あがりのステップ」を初披露した。

 この曲は、19日からiTunes Storeで配信され、売上金全額がパラスポーツ支援のために寄付されるという。

 このニュースが報じられた5日、21日からYouTube公式チャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」が開設されることになったと、スポーツ各紙が一斉に報じている。

 ジャニーズJr.のHiHi Jets、東京B少年、SixTONES、Snow Man、Travis Japanの5組が出演するという。

 これまでネットメディアとは距離を置いていたジャニーズがさらに動画サイトに進出するということで話題性は高い。

 「香取らがこのイベントに出演することは以前から分かっていましたから、ジャニーズがタイミングを合わせてきたとみられても致し方がない。スポーツ各紙は芸能面でジャニーズの話題を大きく扱い、香取らはニュース面でという巧みな記事配置をしていました」というのは放送関係者。

 「香取ら3人が巧みなのは、新曲がパラスポーツ支援のチャリティーソングであるということ。これならメディアが取り上げても大義名分がつくというわけです。3人にとっては露出を続けることが命綱ですから」と続ける。