【アイドルSEXY列伝】事務所から独立発表の満島ひかり 結婚に匹敵するターニングポイント、さらなる飛躍の契機に

満島ひかり

 先週はとくに注目&応援している女優ふたりの報道がございました。

 まずは“元”永遠のイチ推し女優、仲間由紀恵様が妊娠4カ月を発表。今夏には出産予定だそうです。

 ああ由紀恵様も母になるのだなぁと感慨深し。大変おめでたいことであり、元気なお子様を産んでほしいと願っております。ただ出産、育児でしばらくはお姿を見る機会が減ることが残念です。

 応援者としては、テレビ朝日系『TRICK』(2000年~)以降なので新参者ですが、11年に髪を切った剛力彩芽様と出会うまでは、絶対的な永遠のイチ推し女優。

 女優として芸能界を駆け上がっていく姿を見守れたことが幸せでした。

 14年に結婚され、“元”永遠のイチ推しとなりましたが心情的にはやはり永遠。母となりパワーを増した女優、由紀恵様の活躍を願うのです。

 そしてもうひとりが満島ひかり様。所属事務所から独立し、フリーで活動していくことが発表されました。

 ひかり様に注目したのは「Folder」メンバー時ではなく、09年の映画『愛のむきだし』(園子温監督)以降なのでこれまた新参者。しかも、翌10年には結婚されたので、すぐに“元”永遠に。

 ただ、女優としての素晴らしさ、資質は永遠だと確信しています。

 ひかり様ほどの実力があれば平気だと思いますが、芸能人にとって、所属事務所から離れるのは結婚に匹敵するターニングポイントです。

 特に移籍でなくフリーということは、後ろ盾がなくなったということ。

 今までは事務所スタッフがしていた各種の雑事も自前でやらなくてはなりません。

 ひとたびトラブルでもあれば、すべて個人で被ることになる。

 個人事務所を運営するにも最低限のスタッフは必要であり、その人たちの生活も双肩にかかってくるわけです。

 フリーランス=自由に仕事を選べる、と思われますが、むしろ生活のために仕事を受けることが多くなるものです。

 週刊誌の専属記者を辞めフリーライターになって20年余。いつ仕事がなくなるかという不安、恐怖のあまり眠れぬ夜を知っております。

 ま、ひかり様には杞憂でしょう。女優としてさらなる飛躍を期待しております。(永瀬白虎)