“深キョン無双”どこまで続く? テレビCM出稿量ぶっちぎり1位、アラフォーでもかわいさ爆裂中

貴重な存在だ

 女優、深田恭子(37)が無双状態だ。ビデオリサーチがまとめた今年上半期のテレビCMの出稿量が最も多かったタレントに選ばれたのだ。つまりはテレビCMでよく見かけたということ。アラフォーながらかわいさが爆裂中の深田は向かうところ敵なしか。

 今年上半期(1~6月)のテレビCM出稿量(秒数、関東地区)で深田は堂々の1位を獲得した。出稿秒数は12万4305秒、CM本数に直すと7606本になる。2位の米倉涼子(45)が11万6385秒、3位の橋本環奈(21)が11万5045秒だからぶっちぎりということだ。

 米倉がコーワ関連、橋本がNTTドコモ関連で数字を稼いでいるのに対し、深田はUQコミュニケーションズ、武田、東京ガスとスポンサーも多岐にわたることから、その需要の高さがうかがわれる。

 「深田は女性からも、男性からも人気が高い。女性からは年齢を感じさせないかわいらしさが憧れの対象になっているようです。そして男性からは半ケツショットなどムチムチした豊満なボディーを惜しげもなく披露してくれるところが支持されているのです。アラフォーで、そんな二面性をもっている女優はそうそういません。貴重な存在であり、無双状態はまだ続くでしょう」とアイドル誌編集者は指摘している。