記事詳細

手相って奥が深い… (2/2ページ)

 精神集中のムードを隣で感じながら、手相はみんなでわいわい楽しむのもいいけど、一人で静かに向き合うことで新しい思想の境地が生まれる期待もできそうだな…と確信したのでした。

 そのうち「手のひらを通して、過去と未来を見つめよう」的な瞑想系手相ムックや専門紙が発売されたら、高尚な一人遊びツールとして買ってしまいそうです。少なくとも私と、私と隣り合った女性は手を出すかも…。

 手相は奥が深そうです。数カ月ごとに変わるというし、海外では手相を良い方に変えてしまう「手のひらの手術」もあるそうです。爪で痕をつけるだけじゃ、弱いかしら。

 ■壇蜜(だん・みつ) 1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身。本名・齋藤支靜加。158センチ、B85・W60・H89。昭和女子大卒。今春からはNHKラジオ第2で「高校講座/保健体育」(水曜午後8時10分)に出演中。書き下ろしエッセー集「どうしよう」(マガジンハウス)も好評発売中。BS日テレ「久米書店~ヨクわかる!話題の一冊」(日曜午後6時)やBSジャパン「にっぽん真発見」(日曜午後9時)でも活躍中。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう