記事詳細

鶴瓶と2PMウヨンがSMAP&中居トーク「僕たちもSMAPみたいになりたい」 (2/2ページ)

 ウヨンがよく見ていたというドキュメンタリーは、11年に放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀 SMAPスペシャル」(NHK総合)。アイドルとしての姿はもちろん、仕事や震災復興に取り組む姿勢、そして決して仲良しグループではないが、気心の知れたプロ同士として付き合うメンバー間の人間関係などがクローズアップされ、話題になった(ちなみに、NHKが公表している再放送希望のトップを昨年からずっとキープしているが、未だに再放送されていない不思議な番組でもある)。

 当時2PMが「SMAPのようにそれぞれがソロ活動をしながらも、ライブやろうってなったらみんなで集まって昔の曲なんかを含めてライブしたい」と語っていたように、どんなにソロ活動が増えても自らグループ活動やライブをやめることのなかったSMAP。そんな将来像を考えていたウヨンは、鶴瓶の話に深く聞き入りながら「僕たちもそれ(日本のファンの特性)は感じています。それがとても不思議な感じがします」という感想をを漏らした。

 また「今度はいつメンバーで集まるの?」という質問には、「今はまだ言えませんが、僕たちはいつでも近くにいますよと感じてもらえるように計画していることがあります」と期待させるコメントを残した。

 SNSでは「鶴瓶師匠のこと先生と呼ぶウヨンちゃん最強」「鶴瓶さんの中居さんからの扱いとの違いにウケた(笑)」「ゴミ出す話おもろい、やっぱwww」「鶴瓶さんラジオ良かったなぁ。ウヨン単独のラジオって無いし、鶴瓶さんもまた詳しくなってた」「鶴瓶さんて、ほんとハレス(2PMファンの総称)だよね」などの声が寄せられている。