記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】和久井映見、アラフィフ世代の元祖アイドル女優的な存在 (2/2ページ)

 ドラマ中、連呼される「おどうさん」という架純様の問いかけに、癒やされまくっております。

 彼女たちを見守る寮母役で出演されているのが和久井映見様。

 われらアラフィフ世代からすると、元祖アイドル女優的な存在です。

 デビューは1988年ドラマ、『花のあすか組!』(フジテレビ系)。

 当時のアイドル女優が数多く出演していた同ドラマ。出演者たちのその後を見ると、悲喜こもごもを感じる作品でもあります。

 主演の小高恵美様は引退。小沢なつき様はAV業界へ。

 現在も女優として活躍されているのは石田ひかり様と、映見様ぐらいでしょうか。

 芸能界で生き残っていく厳しさを感じます。

 セクシーイメージが一切ない映見様ですが、90年に水着写真集『エンドレス・マイ・イマジン』が1冊だけ発売されております。残念ながら長期間発売されていたのでお宝化はしていませんが、内容は水着満載でスタイルも素晴らしい。今後、セクシー展開はありえない女優ゆえ、必見です。 (永瀬白虎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう