記事詳細

もう抱かれても大丈夫かしら? “匂い”気にならなくなる石鹸「使用後レビュー」 (2/2ページ)

 涼しい所に置いて、微香性と解釈して、保湿をすればいいのかな…なんて擁護するように対処してしまうあたり、最初からこの石鹸の購入を決めていて、心配材料を無理やり解消している雰囲気が出てしまってますね。

 柿渋からとれる成分が消臭効果に一役買っているというこの石鹸。購入後すぐに使用しました。確かに微かにしか香りませんし、不安を隠しきれない柔らかさでしたが、体がさっぱりして、寝汗をかいてもベタつかない。すなわち匂いのもとも抑えられているように感じました。

 さらっとした汗は吸水性の高い下着で対処して、爽やかな夏を迎えたいものです。

 これも一種の「使用後のレビュー」というものでしょうか。

 ■壇蜜(だん・みつ) 1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身。本名・齋藤支靜加。158センチ、B85・W60・H89。昭和女子大卒。本連載などをまとめたエッセー集「壇蜜歳時記」(大和書房)が好評発売中。7月スタートの日本テレビ系「ウチの夫は仕事ができない」で主人公の上司役で出演。NHKラジオ第2「高校講座 保健体育」(水曜午後8時10分)、BS日テレ「久米書店midnight~夜の本の虫~」(金曜午後11時半)、文化放送「壇蜜の耳蜜」(月曜午後7時半)に出演している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース